本宮 ひろ志。 本宮ひろ志

本宮ひろ志

ひろ志 本宮

げんこつ街道• - 「週刊プレイボーイ」で「俺の空」の連載を開始。 また、本宮の『週刊少年マガジン』での連載『群竜伝』にジャンプ編集部が横槍を入れ、編集長のが土下座して撤回させるなどの事件も起こった。

20
たとえば『テヅカ・イズ・デッド』というような歴史観の中に、たぶん本宮の居場所はない。

本宮ひろ志というマンネリズム。: 見物人の論理

ひろ志 本宮

ステファニー 溢れる愛嬌とナイスバディで客の人気は高い。 炭谷銀仁朗の名前のもとにもなったという『硬派銀次郎』や『俺の空』のように成功したもの(商業的にも、作品として破綻しなかったという点でも)もあれば、収拾がつかなくなって放りだした(あるいは不人気で打ち切られた)としか思えないものもある。

18
当時「闇将軍」として政界に大きな影響力を持っていた元首相との対談を実現させて話題となる。

本宮ひろ志

ひろ志 本宮

原作:本宮ひろ志• 新サラリーマン金太郎• 相手に負けたと分かるとサングラスを取る癖がある。 後に『大ぼら一代』作中で『男一匹ガキ大将』主人公そっくりの人物を冷酷残忍な権力者と化した悪役として登場させ、この作への強い屈託を示している。 伊集院 亜里沙(伊集院の娘) - (5年前:杉本妃音奈)• 代表作は、『男一匹ガキ大将』、『俺の空』、『サラリーマン金太郎』など多数。

9
ダイヤモンドガーデン秋の大感謝祭イベントのスタッフ - 池ちゃん• 小松原 隆弘(焼き芋屋「かね正」店主) -• 212• - 『サラリーマン金太郎』が系でテレビドラマ化、以後2004年までに4本のドラマと1本の映画を制作。 船団イメージキャラクターデザイン。

本宮ひろ志

ひろ志 本宮

平成に入り、セルフリメイクである平成版(『』掲載の「Ver. 西山 壮介(エミルのマネージャー・伊集院の元マネージャー) -• 安田聖子 一平の従姉妹。 期待を下回る不入りのため、8日で公開打ち切りとなった。

6
本部 綾乃(本部の五女) - 井上桃菜• 編集:武田勲• 『姿三四郎』なんかは、地味だけれどとてもよかった。 その後漫画家を目指す。

【衝撃】サラリーマン金太郎の本宮ひろ志先生が “大人買いしたもの” がヤバイ

ひろ志 本宮

澤田 敏郎(京橋南交番巡査) -• 一平に賭けテニスで敗れた後、従業員がフランス語しか話さないレストランで食事をして鼻をあかそうとするが、一平はそのレストランを買い取ってオーナーとなる。 実は、つや子とは別にとの間にも娘がいて、その子である孫もいた事が「三四郎編」で判明する。 交通事故が原因でになっている。

神田(かんだ) 一平の上司の刑事課長。 音楽:土田治一• マンガ界に大御所は数いるが 1つの系譜を持つのが本宮ひろ志先生だ。

本宮ひろ志|プロフィール|HMV&BOOKS online

ひろ志 本宮

パート3と4では自身も台本作りに参加した。 愛読書は世界の歴史(漫画版)、愛車は。 (のアシスタントも兼務)• サソリの入れ墨の大男 - スキンヘッドの大男とともに本部を殺害するが、一平に取り押さえられた直後、デュークに始末される。

10
草加と組んで海外に建設する予定のの利権を得ようとした。 フローラ 元・カリフォルニアの大牧場主の娘。

本宮ひろ志|プロフィール|HMV&BOOKS online

ひろ志 本宮

作品リスト [編集 ] 連載中 [編集 ]• 稲垣美奈子 -• 「三四郎編」では、第1話で一平の妻と紹介されているが、御前姓のままになっている。

一平らの捜査や草加の自白により「利権の話を知った本部は、黒田のによって殺された」と断定され、が出されるがそれを拒むようにに「発動」を要請しようとする。 本部 敏子(本部の妻) -• テレビアニメ『』 - キャラクター原案。

本宮ひろ志|プロフィール|HMV&BOOKS online

ひろ志 本宮

たびたび上層部から捜査圧力をかけられるが、一平たちの姿に打たれ最後はこれに反して暴力団と全面対決に持ち込む。 特に『刑事編』は同誌創刊時の目玉作として扱われた)も存在する。 、創刊されたばかりの『』に読切『アラシと鉄と三本指』で雑誌デビュー。

10
欲しい物は何でも手に入れないと気がすまない性格(金の力は使わない、むしろ金にあかせて威張る奴を懲らしめるのが大好き)。 落葉の山道(『若い二人』日の丸文庫、『きみとぼく』後継誌(全1巻))• 武尊善行(ぶそん よしゆき) 武尊コンツェルンの御曹司であり、一平のライバル。

【衝撃】サラリーマン金太郎の本宮ひろ志先生が “大人買いしたもの” がヤバイ

ひろ志 本宮

4-08-780386-4) その他 [編集 ]• 本部からは若い頃に面倒を見てもらっていたことがあり、一平は本部の死の真相を吐かせるべくで「本部のそっくりさんが扮した『幽霊』」を使う。

もりたじゅんの妹の夫であり、本宮の義弟にあたる )• 松本 秀次(小劇団俳優) - 泉谷しげる(二役)• 芸能界をも巻き込んだ覚せい剤の取引で資金を集めており、一平たちがホテルに乗り込んだ際は女性アイドルとベッドで交わっていた最中であった。 黒田権次郎 -• 金太郎の言動は、サラリーマンや会社社会の常識を踏み越えているけれども、暴力に走ることはないし、法を犯すこともない。