障害 年金 更新 厳しい。 障害基礎年金の更新時に気を付けたいポイントを解説!

障害年金

厳しい 障害 年金 更新

更新(障害状態確認届の提出)に関するよくある質問 障害年金の更新(障害状態確認届)で気を付けなければならない障害とは 何度も更新していて障害年金を受給し続けていたのに、今回の更新で支給停止になりました。 基本的に20歳になってからもらえる 障害年金は、基本的に20歳になってから支給されます。 個人でも対応できる場合もありますが、傷病の状況によっては自力で行うことが困難な場合もあると思います。

20
ただし、同時に傷病の程度を日本年金機構側が把握することができなくなるため、障害が重くなってきた場合には自ら改定請求をおこなう必要があります。

障害年金の初回更新時に留意すべきポイント

厳しい 障害 年金 更新

障害年金をもらい続けるために更新(障害状態確認届)で気を付けること 更新の時に提出する障害状態確認届を期限内に提出が間に合いそうにありません。 現在の状態をお医者様に注意深くお伝えください。 慎重にご準備ください。

5
また、再請求については期間や期限はありませんので、審査結果に不服がある場合はできるだけ速やかに再請求を行うことをおすすめします。 提出前に内容も確認し、コピーをとった上で提出しましょう。

精神の障害に係る等級判定ガイドライン導入。審査は厳しくなったのか

厳しい 障害 年金 更新

厚生年金の審査のほうが厳しいともいわれている 障害年金の請求書は、受給の適否が審査されたのち、審査にパスすれば、年金証書が届きます。 例えば、既に初診日や障害認定日は確定しているので、一般に、以下の項目は、障害状態確認届では設けられていません。 1 初診日の属する月の前々月迄の年金加入期間において、年金保険料の納付月数と免除月数の合算月数が3分の2以上あること。

16
年金の支給額は診断書を提出した誕生月の翌月分から 変更になりますので、 すでに前回の支給額が支給されてしまっている場合は、 次の支給日に追加分が支給されます。 必要な個所に空欄がないか、自分の症状の重さや、日常生活での不自由が十分に伝わるように記載されているかどうか確認しましょう。

【障害年金の更新手続きにご注意!②】

厳しい 障害 年金 更新

障害厚生年金の方が障害基礎年金よりも審査が厳しいと一概に申し上げることはできません。 なかでも重要なのが、初診日です。 現症日をあまり気にしない方もいらっしゃいますが、 現症日はしっかりと確認しましょう。

8
なお、傷病(障害)の状態が悪化した状況でも、障害状態確認届提出時と全く同じ診断書を支給停止事由消滅届として提出した場合は、ほぼ支給は再開されません。 障害の重さに応じて1級、2級、3級(障害厚生年金のみ)の等級が定められていて、該当する等級に応じた金額が支払われます。

障害年金の更新。前回申請時と同じ内容なら障害厚生年金3級の受給を継続できますか?

厳しい 障害 年金 更新

ただ、更新時に現在の病状がうまく伝わらなくて診断書等に記載されておらず、そのために年金が支給停止になるのは問題です。 「障害状態確認届」という名称の診断書です。 ただし、当然ではありますが依頼する場合にはそれなりのお金もかかります。

例えば、初回の更新(障害状態確認届の提出)は1年後で、その後だんだんと更新のサイクルが長くなる場合もありますし、初回の更新(障害状態確認届の提出)は3年後だったのが次回は1年後というように短くなる場合もあります。

障害年金

厳しい 障害 年金 更新

例えば2月生まれの人なら、1月末から2月初旬にかけて診断書が届き、2月末までに提出してもらうという流れ。 その点、多くの病院様が渡してくださる時に「ご自分のお名前、生年月日、ご住所を確認してください」とおっしゃってくださるお言葉は、有り難いことと私は思います。

6
この更新年は、国民年金や厚生年金保険の年金証書にある障害等級の欄に「次回診断書提出年月」として記載されています。 この更新手続きを適当に行うと年金が支給停止になったり、ひとつ軽い等級になってしまったりすることもあります。