カルボ カイン アンプル。 ジェネリック医薬品価格比較「カルボカインアンプル注1% 5mL」と同等医薬品(代替品)の価格比較

医療用医薬品 : カルボカイン (0.5%カルボカイン注 他)

アンプル カルボ カイン

麻酔方法 2% 硬膜外麻酔 200~400mg(10~20mL) 伝達麻酔 40~400mg(2~20mL) 伝達麻酔[指趾神経遮断] 80~160mg(4~8mL) 伝達麻酔[肋間神経遮断] - 伝達麻酔[交感神経遮断] - 浸潤麻酔 40~400mg(2~20mL)• なお、メピバカイン塩酸塩の基準最高用量は、それぞれ1回500mgである。

2
ポルフィリン症• (取扱い上の注意) 1.本剤は金属を侵す性質があるので、長時間金属器具(カニューレ、注射針等)に接触させないことが望ましい(なお、金属器具を使用した場合は、使用後十分に水洗する)。

医療用医薬品 : カルボカイン (カルボカインアンプル注0.5% 他)

アンプル カルボ カイン

妊婦・産婦• 血管の多い部位(頭部、顔面、扁桃等)に注射する場合には、吸収が速いので、できるだけ少量を投与すること。 ヒト尿中(外国人)において、芳香環の3位及び4位の水酸化体、N-脱メチル体(pipecolyxylidine)及びそれらの抱合体として投与量の約30%の代謝物が検出された。

6
髄膜炎• 3).できるだけ必要最少量にとどめる。

医療用医薬品 : カルボカイン (0.5%カルボカイン注 他)

アンプル カルボ カイン

[硬膜外麻酔] 本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。 前投薬や術中に投与した 鎮静薬、鎮痛薬等による 呼吸抑制が発現することがあるので、これらの薬剤を使用する際は 少量より投与し、必要に応じて追加投与することが望ましい。 抗凝血薬投与中• 球後麻酔、眼球周囲麻酔施行時は次の諸点に留意すること。

4
麻酔中はさらに増悪することがあるので、投与量の減量を考慮するとともに、患者の全身状態の観察を十分に行うこと。

ジェネリック医薬品価格比較「カルボカインアンプル注1% 2mL」と同等医薬品(代替品)の価格比較

アンプル カルボ カイン

7).前投薬や術中に投与した鎮静薬、鎮痛薬等による呼吸抑制が発現することがあるので、鎮静薬、鎮痛薬等を使用する際は少量より投与し、必要に応じて追加投与することが望ましい(なお、高齢者、小児、全身状態不良な患者、肥満者、呼吸器疾患を有する患者では特に注意し、異常が認められた際には、適切な処置を行う)。 相互作用 , Anesthesiology, 37, 277, 1972. 麻酔中はさらに増悪することがある。

3
( )内は注射液としての用量である。

医療用医薬品 : カルボカイン (0.5%カルボカイン注 他)

アンプル カルボ カイン

麻酔方法別の用量メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次記量を使用する。

特に誤って血管内に投与した場合には、数分以内に発現することがあり、その症状は、主に中枢神経系症状及び心血管系症状として現れる。 2.(硬膜外麻酔)大量出血やショック状態の患者[過度の血圧低下が起こることがある]。

ジェネリック医薬品価格比較「カルボカインアンプル注1% 2mL」と同等医薬品(代替品)の価格比較

アンプル カルボ カイン

また、まれにアナフィラキシーショックを起こしたとの報告があるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、適切な処置を行う。 メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次の用量を投与する。 球後麻酔、眼球周囲麻酔施行時は次の諸点に留意すること。

4
( )内は注射液としての用量である。

カルボカインアンプル注0.5%の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

アンプル カルボ カイン

試験的に注入(test dose)し、注射針又はカテーテルが適切に留置されていることを確認すること。

1
麻酔方法 1% 硬膜外麻酔 100~300mg(10~30mL) 伝達麻酔 50~200mg(5~20mL) 伝達麻酔[指趾神経遮断] 40~80mg(4~8mL) 伝達麻酔[肋間神経遮断] - 伝達麻酔[交感神経遮断] - 浸潤麻酔 20~400mg(2~40mL)• 2.その他の副作用(頻度不明) 1).中枢神経:眠気、不安、興奮、霧視、眩暈等[このような症状が現れた場合は、ショックあるいは中毒へ移行することがあるので、患者の全身状態の観察を十分に行い、必要に応じて適切な処置を行う]。 5% 硬膜外麻酔 50~150mg(10~30mL) 伝達麻酔 - 伝達麻酔[指趾神経遮断] 20~40mg(4~8mL) 伝達麻酔[肋間神経遮断] 25mg(5mL) 伝達麻酔[交感神経遮断] 25mg(5mL) 浸潤麻酔 10~200mg(2~40mL)• 麻酔中はさらに増悪することがあるので、投与量の減量を考慮するとともに、患者の全身状態の観察を十分に行うこと。

ジェネリック医薬品価格比較「カルボカインアンプル注1% 5mL」と同等医薬品(代替品)の価格比較

アンプル カルボ カイン

以下にあてはまる方は、• ] 重要な基本的注意 本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の点に留意すること。 日新製薬株式会社 薬剤一覧• ] 脊柱に著明な変形のある患者[脊髄や神経根の損傷のおそれがあり、また麻酔範囲の予測も困難であるので、やむを得ず投与する場合は患者の全身状態の観察を十分に行うこと。 但し、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する• 5%10mL1管:106円/管 1%2mL1管:101円/管 1%5mL1管:105円/管 1%10mL1管:105円/管 2%2mL1管:111円/管 2%5mL1管:111円/管 2%10mL1管:151円/管 製薬会社• また、血管収縮剤は障害を悪化させることがあるので、必要な場合にのみ使用すること。

11
なお、事前の 静脈路確保が望ましい。 [伝達麻酔・浸潤麻酔] 本剤の投与に際し、その副作用を完全に防止する方法はないが、ショックあるいは中毒症状をできるだけ避けるために、次の諸点に留意すること。