裏窓 あらすじ。 裏窓 : 作品情報

裏窓

あらすじ 裏窓

鶏肉店を経営するかたわら果物の卸売商も営んでいたウィリアム・ヒッチコック と妻のエマ・ジェーン・ヒッチコック(旧姓ウェーラン)の三人の子供の末っ子であった。 そこへやって来たリザにジェフが状況を話すと、彼女は女性ならではの視点でいくつか奇妙な点を指摘します。 ジェフがうたた寝をしているところにリザは影として現れると、観客である私たちは、身動きが取れない体で無防備に眠っているジェフに何らかの危険が差し迫っているように錯覚してしまう。

14
主人公で負傷中のカメラマンL・B・ジェフリーズを ジェームズ・スチュアートが、その恋人リザ・フレモントを グレース・ケリーが演じています。 ジェフは慌てて通報し、警官がソーワルド家に急行します。

ヒッチコックの『裏窓』からのぞくフェミニズム批評の話|のん|note

あらすじ 裏窓

高々と上がる足。 ヒッチコック自身も数エピソードを監督している。 次にフェミニズム的視点から詳しく分析していく。

16
- ジェフの使用していたドイツ製のカメラ。

裏窓のあらすじ/作品解説

あらすじ 裏窓

時計を見ると 午前2時。

3
そのうちにジェフの興味を惹くことが起きた。 ジェフはすることがないので、向かいの窓の人たちの生活を観察しています。

映画「裏窓 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

あらすじ 裏窓

が、何度か鑑賞していると、実はこれ、脚を怪我した主人公の目線は劇場観客のそれと完璧に一致し、向かい側に望むアパートはさながら劇場の舞台か、あるいは映画館のスクリーンのようにすら見えてくる。 ピアノの横で時計のネジを巻いている。

10
『裏窓』では冒頭で紹介したローラ・マルヴィの指摘のように男性的視線を中心に話が進められていく。

裏窓 : 作品情報

あらすじ 裏窓

しかし最終的に推理を正しい方向へと進めていくのは女性の指摘や女性的視線からの勘である。

3
本作の制作陣は、オリジナル版でが演じたような精力的でクセのある脇役を用意すべきだったろう」と批評した。

映画「裏窓 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

あらすじ 裏窓

ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が姿を消す。

16
1965• 妻は病気のようで昼間でもいつもベッドに腰掛けていて、夫は装飾品のセールスマンみたい。