品行 方正 と は。 「品行方正」とは?意味や使い方をご紹介

「品行方正」の意味と使い方・例文・類義語・反対語は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

は 品行 方正 と

今をときめくあの俳優は、品行方正であるというイメージを持たれている。 「品行方正」の意味 「品行方正」とは態度や振る舞いが立派であることを意味する言葉です。

また、「礼儀正しく思いやりのある」という意味を持つ「courteous」を使って、「品行方正」のニュアンスを出すこともできるでしょう。 ・兄弟のうち弟は道楽者で遊び呆けてばかりいるが、兄のほうは 品行方正で 羽目をはずすようなことはしない、 正反対の性格だ。

四字熟語根掘り葉掘り82:「品行方正」と直角のイメージ

は 品行 方正 と

「方正」とは、無茶な振る舞いをしない、 心や行動が正しく整っている様子のことです。

10
「品行方正」の由来 「品」はその人の人柄や人となり、「行」は行いのことですが、 四角という意味もあることから、しっかりしているという意味にもとらえられます。 次に、「品行方正」と似た意味を持つ四文字熟語をご紹介します。

品行方正な人の礼儀正しい特徴4個

は 品行 方正 と

謹厳実直な勤めぶりが認められて、重要な役職を任せられた。 品性の類語 品性の類語・類義語としては、人の精神に宿る素晴らしい性質を意味する「徳」などがあります。 まじめで非の打ちどころがないような人物をつかまえて、「あの人は品行方正だから」と あえて言うことで、 「まじめ過ぎておもしろくない」 「まじめ過ぎて融通がきかない」 「優等生ぶっていて腹が立つ」 という意味合いで使用するのです。

次の 「品性下劣」については人格や人柄がとても卑しく、行いなどがとても下品で劣っているという意味になります。 例えば、「あそこの家の子供は遊びに誘っても全く付き合おうとしないし、勉強ばかりで、本当に品行方正なお坊ちゃまだ」という使い方をすることがありますが、この場では行いの正しさを褒めるというよりは、からかいも気持ちを込めて用いています。

「品行方正」の意味と使い方・例文・類義語・反対語は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

は 品行 方正 と

彼女は誰もが認める品行方正な人格の持ち主だ。

10
この言葉がよく使われる場面としては、人格や性格など人間の内面の品を表現したい時などが挙げられます。

「品行方正」の意味と使い方・例文・類義語・反対語は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

は 品行 方正 と

「方正」の「方」は、「長方形」「直方体」のように〈四角〉を表す用法。 午前9時に始まった審査には、加戸氏や前川氏が参考人として出席。 では、どのような場面で使うと良いのでしょうか。

9
改めて、 「品行方正」とは 「心のあり方や行いが正しく立派なこと」という意味の言葉です。

「品行方正」とは?意味や使い方をご紹介

は 品行 方正 と

「品行方正であるよう、日々心がけたい。 そのため、周りにいる人に安心感を与え、リラックスした気分にさせてくれるのです。 では品性と品行はほとんど同じものなのかと言うと、必ずしもそうではありません。

15
そのため、優しい人やお人よし、人格者などが必ずしも品性が優れた人であるとは限りません。